化粧水の選び方と美肌効果

お肌の調子をととのえる化粧水は、洗顔後、ただ闇雲にお顔につければよいというものではありません。

お肌の角質層までに十分に水分が行き届くように、たっぷりと手またはコットンに化粧水を含ませてお顔全体を軽くパッティングするように水分をお肌に浸透させることがポイントです。化粧水はさまざまなタイプのものがありますので、自分のお肌のコンディションやタイプに合わせて選びましょう。

化粧水の情報が更新されています。

十代の皮脂分泌がさかんな方には収れんタイプのお肌を引き締めるタイプのものや余分な皮脂をカットするようなニキビケアなどに特化したものを選ぶとよいでしょう。


年齢を重ねるにつれて、体内の水分量は徐々に減っていきます。また、冬場などは空気が乾燥してお肌がかさかさするため、保湿効果の高い化粧水を選ぶとよいでしょう。



また、年齢を重ねたお肌は、弾力が低下し、たるみやしわ、お肌のくすみなどさまざまな肌トラブルを抱えがちになります。

そういった場合は、エイジングケアに有効な成分が含まれているものを選ぶようにします。

また、できるだけ天然由来成分のものやオーガニックなどの化粧水を選ぶようにしましょう。

化学物質が過剰に含まれている製品は、将来肌トラブルを招く恐れがあります。


また、敏感肌などの方にはお肌に刺激になります。



このように、自分の肌質を知り、適切なものを選ぶことが美肌を保つ秘訣となります。また、品質の維持のために未開封で3年、開封後はなるべく早く使い切るように注意しましょう。